読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコ紋のマイルでトラベル

平凡なサラリーマンがマイル・投資・旅行・飛行機・クレカなど興味もったことを紹介!!

年間21万6千マイルを生み出す最強カード!!陸マイラーの武器!!今こそ持つべし

 

年間21万6千マイル以上を生み出す最強カード

f:id:tairyomile:20160906093352j:plain

 

キーワードは「ANA マイル」で検索したことありますか!?空も陸もマイラーなら気になり検索するワードですよね。検索すると「ソラチカ」という言葉を目にしたことがあったと思います。

そうです。このカードこそ

陸マイラーに心から重宝されている最強カードです!

ANAのマイルを貯める上ではソラチカは必要不可欠なカードですが、

そもそも「ソラチカって何?」どんなカードなの!?と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。

 

ということで、ソラチカカードについての情報をまとめてみましたのでぜひご覧ください。

 

 

ソラチカとは!?

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード=空・地下)は、
ANAと東京メトロ、JCBが提携したクレジットカードです。
ANAカードとTo Me CARD、PASMOが一体となったカードです!!

 

カードの基本情報は以下の通りです。f:id:tairyomile:20160906095404p:plainf:id:tairyomile:20160906095842p:plain

本会員の年会費は、2,000円+税となります。
初年度は無料です。

家族会員の年会費は、1,000円+税となります。
こちらも初年度は無料です。

ETCカードは無料です。

年会費が有料のカードになりますが、それに見合ったメリットがあります。

毎年継続ボーナスとして、ANAマイルが1,000マイルもらえます。

1,000マイルを1マイル2円換算すると2,000円分になるので、
ほぼこれだけで年会費の元を取ることができます。

 

海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高1,000万円です。

国内旅行傷害保険は付帯しません。
国内航空傷害保険は、自動付帯で最高1,000万円です。

ショッピング保険は、最高100万円で補償期間90日間になりますが、
海外利用時のみ有効になります。
「支払い名人」定額コースに登録していれば、
国内でもショッピング保険が付帯されます。

ソラチカの魅力はメトロポイント!

ソラチカで貯まるポイントは、

①JCBのOkiDokiポイント

②メトロポイント

この2つなのですが、重要なのは②のメトロポイントの方です。

 

 Oki Dokiポイントの還元率は、0.5%と低いです。

これをマイルに移行してもマイル付与率は1%止まりです。

普通ならこれで十分ですが、ソラチカカードは裏ワザでマイル付与率1.35%にで

きるので、この使い方だともったいないです。

ほとんどの人はソラチカを買い物カードとして利用はしません。

 

そして次にメトロポイントです。

 

メトロポイントは、普通にカードを使ってもポイントは付かず、
以下の時のみポイントが付きます。

  • メトロ乗車時(※下記参照)
  • 定期券購入:0.5%(1,000円で5メトロポイント)
  • 自販機の利用:1%(100円で1メトロポイント)
  • 店舗の利用:0.5%(200円で1メトロポイント)
  • 提携サービスの利用(サービスによる)

メトロ乗車時の還元率を計算してみます。

メトロポイントは、メトロの電車に乗るだけでポイントがたまります。
平日は5ポイント、休日は15ポイントです。
距離や運賃は関係なく、1回の乗り降りで一律このポイントが付きます。

そのため、運賃によって還元率が変わってくるので、
すべての運賃に対して還元率を算出します。

 

重要なのは、ポイントサイトで貯めたポイントを最大限の価値でANAマイルに交換できる、という点にあります。これがいわゆる「ソラチカルート」なのです。

 

ソラチカルートとは?

 f:id:tairyomile:20160906105413p:plain

ハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントを、メトロポイントを中継して0.9倍の還元率、つまり90%の価値でANAのマイルに交換することのできる方法のことです。

赤線で囲った部分が0.9倍になることを表しているのですが、この部分を例えばハピタスポイントで例にしてみます。

 ソラチカ

1000ハピタスポイント⇒1000.money⇒1000メトロポイント⇒900ANAマイル

 

Tポイントを中継にするだけでこんなに変わる。

 【Tポイント

 1000ハピタスポイント⇒1000.money⇒1000Tポイント⇒500ANAマイル

 

 

 

今回は1000ポイントをベースに考えました。ポイントサイトで貯めたポイントが多くなるほど、最終的な価値を90%に保てるというのは本当に大きな差となります。

 

 また、ポイントサイトとメトロポイントをつなぐ役割としてポイント交換サイトである.moneyとPeXが存在するのですが、その両サイトのポイントに交換できるおすすめできるのは以下のサイトです。

 

 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタスショッピング、友達紹介等バランス◎で貯めやすいハピタス

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 外食案件、ショッピングで貯めやすいポイントタウン

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney! カード案件に強いGetMoney!

無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY! 友達紹介制度が桁外れのPONEY

 

ソラチカの惜しい点

 

今までお伝えしたように、ANAの陸マイラー最強のアイテムであるソラチカですが、急所ともいえる残念な点が2つあります。

 

①マイルへの交換に時間がかかる

②月に20000円分しか交換できない 

 

 

②はメトロポイントからマイルへは交換制限があり、20,000メトロポイント=18,000ANAマイルなので、毎月欠かさず交換して年間216,000マイル貯めることができ、これがソラチカルートで稼げる最大限のマイル数なのです。

 

ソラチカルートのメリットを最大限に利用するためには、計画的なスケジュールでポイントを交換していく必要があります。

 

ソラチカルートの中でポイント交換の締め切り日を設けているのはメトロポイントだけなので、メトロポイントの締日に合わせてポイント交換をしていくのが最も効率的です。

 

①ハピタス⇒.money / PeX    毎月第1週目に交換(5~8日頃まで)

②.money / PeX⇒メトロポイント 毎月12日頃

③メトロポイント⇒ANAマイル  毎月12日頃 

 

手順をしっかりと把握し上記の日程で交換していくことで、無料旅行にいくことができます!!

 

 

 

 

まとめ

「ソラチカ」の魅力はお分かりいただけましたでしょうか?

0.9倍の還元率を誇る「ソラチカルート」の破壊力!!

マイルで旅行なんて夢のまた夢と思っていたあなたも今は違いますよね。

私も初めてこの話を聞いたときは震えました。笑

ANAを推奨するのはこのカードがあるからと言っても過言ではないですね。

ちなみにJALにもその他外資系航空会社にも「ソラチカルート」のようなものはないです。

 

まずは、ソラチカを手にすることから始めてみませんか!?